-お問い合わせはこちら-

022-352-0380

サービス案内

HOME > サービス案内 > 極小面積床のすべり試験機(SMPF)

極小面積床のすべり試験機(SMPF)

床に要求される性能のなかで人間動作時のすべりは、安全性、快適性の観点から、最も重要な性能のひとつであります。 床には、例えば、サインタイル、埋め込み筒蓋、グレーチングに代表されるように、周囲とは異なったすべり抵抗を有しているものや、設置箇所が狭く小面積で形状も特殊なものも多い。

これらの床では、履物装着時、特に踵角部での接地時にすべりが主原因で転倒する場合が多いことから、極小面積の床のすべりを測定・評価できる試験機を販売致します。

型式 OH-201
特徴 ・現場測定にも適した軽量設計
・デジタル荷重検出器により、短時間にすべり抵抗を測定します
・路面埋め込みライトガラス、穴あき溝蓋、水道栓蓋、グレーチング、散水栓蓋、水抜栓蓋、マンホール蓋などのすべりを評価します。
参考文献 1)工藤瑠美,小野英哲:極小面積床のすべりの測定・評価方法(日本建築学会論文集629号,2008,7) Measurement and evaluation method of slipperness of pinpoint floor
2)小野英哲他:床のすべりの評価指標および評価方法の提示 床のすべりおよびその評価方法に関する研究(日本建築学会論文集 356号 1985,10)
3)JIS A 1454 「高分子系張り床材試験方法」 他

Our Contact

お気軽にお問い合わせください

ご相談・ご質問など、どうぞお気軽にお問い合わせください。